スポンサーサイト
--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の締めくくり
2005/02/28

早いもので、2月が終わります。
作家関係の人々は、あまりに早足に過ぎ去っていく今月を恨めしく思っておいでの事と想像しています。

作家でもない私はのほほんとクーベルと遊んだり仕事したりして過ごしています。
ああ、幸せです。

時間が合ったので、親子(?)水入らずの散歩を楽しむ。


散歩
だいぶ、落ち着いて歩けるようになりました。

見知らぬ人にも物怖じしない?


私たちの進行方向で、見知らぬカップル(ご夫婦だと思う)が不動産屋さんとおしゃべりしている姿を発見したクーベルは、興味心身で彼らを見つめています。
勿論このあと、彼らにジャレジャレしに行きました。
とても親切な方たちで、喜びはしゃぐクーベルに嫌な顔一つしないでお付き合いくださいました。
本当にありがたい事です。


結構猫っぽいクーベル。
人の膝で時折爆睡しています。

マミーに抱かれて


マミーに抱っこされて、ウツラウツラなクーベル。
手術の傷は痛まないの?
と聞くと「平気よ、これくらい」とにべも無い。
やれやれです。
スポンサーサイト

携帯写真より
2005/02/22

デジカメは、起動が鈍いので、ついつい携帯電話に付いているカメラで撮影してしまいます。
でも、所詮は付属のカメラなので、写りはあまりよくありません。
フラッシュも無いですし。。。


一番カッコイイ座り方
クーベルだけではないと思いますが
柴犬の最もカッコイイ座り方はこの
スフィンクス座りではないでしょうか?


スフィンクスの真正面
真正面からの彼女は
凛々しい以外の何者でもな…(以下略)


スフィンクス上面から
やや上方向から撮影。
なんだかアバウトな座り方だと暴露された感じです。


キッチンペーパーの芯と大きさ比較
一般的な家庭用キッチンペーパーと
クーベル比較
キッチンペーパーは、ちょっとした粗相の処理や、
大きい方を取る時なんかに使っています。


やっぱり変な寝相
最後はやっぱり変な寝相のクー。
前足が変に曲がっているような…?



以上撮り貯めていたクーベルの携帯写真でした。

母帰還す。
2005/02/19

本日、無事母が退院し家に帰り着きました。
母不在の間、アバウト・グータラ人間しかいなかったので、かなり家の中が荒れ果てていて、母も呆れ果てていました。

母の指示に従いつつ、ちょっとずつ家の中を元の状態にすべく、片付けたりしていたのですが、クーベルが暴れたら大体元の木阿弥になってしまうよ、オヨヨ。


クーベル


久し振り…と言ってもたかだか2週間強不在だっただけで、まるで別の子の様に大きく育ってしまったクーベルを見て、母は苦笑い。
「きっと、ミニマムなハスキーになるわね」
と舌好調な感じの母です。

どて~ん
ドデ~ンと横たわる姿は、
もう一人前!な感じでしょ?



邂逅も、クーベルのおおハシャギ・大喜びで無事に済みました。
「忘れられてたら、どーしましょたら~り
な母の予想は杞憂で終わって、本当によかった。



おまけ
ケータイ大好き
携帯が好きらしい。
ストラップも好きらしい。
着メロ奏でていると、襲ってきます。


キッチンペーパーの芯
キッチンペーパーの芯が大好き。
ズタボロになるまで遊びつくします。


さりげに大接近
クーベルは、私の弟に遊んでもらっている。
食事・牛乳も貰っている。
散歩もメインは弟。
そんな弟を兄のように慕っているクーベルでした。


クーベルに甘すぎる弟のせいで、クーベルは
「かわいい顔して、暴れん坊プリンセス」
で困っています。
暴れてて尚「きゃわゆ~いドキドキ
とか、やらかす私たちも相当重症かもしれんです。

食器とマイブームと
2005/02/15

普段クーベルの食事は、幼犬用ドッグフード(ドライ)をガラスの小さな器に取り入れて、あげています。
クーベルのお利口さんな所は、無理して食べ過ぎないところがあると思います。
…え?普通??
でも犬は満腹中枢がちょっとだけ未発達だから満腹以上に食べてしまう…と聞いていたものだから、食べ過ぎない君はいい子だね~と頬を緩ませている毎日です。

で、牛乳は時折奮発するイチゴの入れ物を使っていたのですが、執拗なクーベルのナメナメ攻撃に遭い、ものの数分で全て木っ端微塵にしてしまったので、器不足が最近の悩みのタネでした。

そんなこんなで、百均を探し回り、ガラスのかわいらしい(アーンド洗い易い)器を購入しました。
なんで、洗い易さを重点的に見るかと申しますと、面倒だからです。
変なサンド傷なんかでイラストが書いてあると、そこに汚れが溜まってドンドン汚くなっていくのが耐えられない…そんな理由なのです。


左いつもの食器・右新しい食器
左の器がいつものドッグフード用器、
中央が新しい器、右がクーベル…


梅ばち模様がカワイイ
梅柄がうちっぱなしについている。
かわいい新しいガラスの器。


------



最近更に凛々しさを増してきたそのクーベルの顔。
でも動きは本当に来た時のヤンチャなままなので、私たちは結構苦労していると思う。
だが、あまりのかわいらしさと、健気さについつい頬が緩んではデレデレしてしまうのは、飼い主のサガでございますよ。

顔ドアップ1
カメラを持つと、レンズに向かって突進してきます。
動物系の番組でもアニマルどもは
テレビカメラに向かってくるけど
同じ理由なのかしら?


どんどん近付いてきて
ほらほら、どんどん近付いて来て…

襲っちゃうぞ~
うが~っ!!!
ぎゃ~!やめてくれー…(カメラマンの叫び)


こんな感じでございます。
元気です。
勿論私もただ、やられっぱなしじゃありませんよ。
ちょっと度が過ぎる気配がしたら、力でねじ伏せて、抱き付きの刑に処します。
さすがに肉厚の私がすると、クーベルは辛いらしく、すぐに降参してきます。てへ。


------


最近のクーベルは、ペットボトル(小)がマイブーム。
ちょっと口より大きいサイズで、どこに転がっていくかアットランダムな感じが、彼女の心をソソルようでございます。


ペットボトルと
意外とペットボトルとは何時までも遊んでいます。
あっちにコロコロ、と楽しそうです。


前からのお気に入り
我が家に来た時からのお気に入りたち。
左から、もこもこスリッパ、木のおもちゃ、紙
…変なものばかりで遊んで…クーったら…



そう言えば、ちょっと不安な事が。
百均のガラスの器って安全なのかしら?
ひょっとして、変な上薬みたいなのがかかってたりしたら、クーベルの体に大ダメージがいくんじゃなくて?
心配を募らせるなら、ちょっとくらい奮発しようかな…と懊悩中(おうのうちゅう)の飼い主でした。

今日も猫
2005/02/14

クーベルの丸まって寝ている背中越しの姿は、黒猫まんまです。


丸く
丸くなる。
でも背中から撮ると真っ黒な塊になるので
こちらからパシャリ


箱の中でもくるり
珍しく昼間から自宅(BOX)で丸まっています。
一体彼女の心境に何があったのか。


お兄ちゃんにも丸まる
クーが大好きなお兄ちゃんの膝の上でも丸くなる



こんな感じでゴロニャン、ゴロニャンと生きております。

------



実は、久し振りにお外をフラリと散策しました。
どうやら、寒い寒いと首をすくめて過ごしている内に春が本当にすぐそこまでやってきている事に今日気付きました。


梅?
え~と。
私草花に全然興味ないので良く分かりませんが、
これは、梅ですか?桃ですか?


ついでにドアップ
携帯カメラを接写モードにしてパシャリ
…でも何の花かが判然としない。
桜じゃない事しか分からない。



……春ですね。
最近寒い寒いと言いながら、一時ほど厳しく無いような気がします。
寒いけど、重ね着の下着を一枚やめようかな…なレベルですけど。
春は待ち遠しいけど、乾燥+花粉+ダスト地獄は…お、おそろし~~~!!!

親戚来たりて…
2005/02/13

本日は、はるばる父方の祖母&叔母様がいらっしゃいました。

母の病状を私の日記と母の手紙でお知りになって、気を病んでいらっしゃったそうです。
本当にご迷惑おかけします。
そのお見舞いを兼ねて、双方のペット大自慢大会も大盛況でした。

私はこの日の午後1時半、
「2時には来るよ~」と言う父の言葉も無視して散髪してきました。
一体どれくらいブリなのか、もっさりしてて大変だったのです。
で、ちょっと時間オーバーしつつ散髪を完了させ、全速力でおうちに帰りました。
帰りながら、前方を見た事がある人が大きな荷物と共に歩いているな~と通り過ぎたら、祖母でした。
急に止まれない私は、通り過ぎざま
「ご無沙汰でーす!おばあちゃん♪」
と叫んだ私に、とても驚いた様子で歩みを止めてしまいました。
驚かせてごめんなさいたら~り
でも、会えてとても嬉しかったのです。

で。
いよいよクーベルとの初顔合わせ~

おめでとうございます!

なんですか?
外で会うと怖がっただろうクーベル
家の中なら、会心の歓迎ポーズを取れます。
一体この歓迎の気持ちとパワーは
どこから湧いてくるのでしょうかしら…


この待遇のよさは…
なでなでしてくれたのは、叔母さま。
ただひたすら、ラブコールの嵐を思わせる
歓迎振りです。


こんな感じで、家族の面々はちょっと叔母様にジェラシーを感じつつも、変な行動に走らなかったクーベルに安堵をしました。
でかしたよ、クーベル。

よくできました



祖母はちょっと元気が無いようで、母も心配だけど同じくらい心配です。
あまりご無理の無いようにお願いします。
そして、また大阪にいらしてくださいね。
大阪はうるさくて、ガサツな所だけど、悪いところじゃない…と思います。
必至のアピールでしたが、あまり治安は良くないので、やっぱり気をつけて。。。
今度は私がモモちゃんを拝見しに参りたいと、切に願っております★

天使と悪魔。
2005/02/12

入院中の母の着替えをお持ち帰りして、一休みしていると、感激したついでのクーベル(クーベルは帰宅時必ず熱烈歓迎をしてくれるドキドキのだ)が、母の着替えの存在に気付きました。

それまでは、ドッタンバッタンと感激してくれていたのですが、パタリと動きが止まり、その袋に全神経を注いでいるようです。


くんくん。あり?
くんくん、およ?
こ!この匂いはひょっとして!?


やっぱり、まみーだっ!
やっぱり!
やっぱり、まみーだ。まみーの匂いだ!


ひとしきり、懐かしい母の香りを堪能したたら~りクーベルでした。


------


とまぁ、確かにかわいい一面もあるのだが、ちょっとハシャギすぎて頭痛いこともあるのがクーベルの特徴でして…。


靴下が好き
なんだか知らないが、
我が家に来た時から私の靴下が大好きで仕方ないらしい。
じゃれてじゃれて…たまらんのですわ。


お叱り…
で、たまにお叱りを受けてしまいます。
ハシャギすぎたら水を差すのも仕方ない事です。



でも、本当はとてもかわいいヤツで、とても和犬だよ!って言う風体を醸し出しています。凛々しいのです(親の欲目だとは重々承知していますが)



スフィンクス座り
スフィンクス座りが、一番凛々しく見えます。

でも…
でも、おもちゃを見つけると
いてもたってもいられなくなっちゃいます★


ご機嫌です
動画でお見せできないのが残念です。



こんな感じで日々楽しそうに過ごすクーベルのお陰で、我が家は暗くならず、みんな笑ったり、怒ったり、豊かな表情で生活を送っていく事が出来ています。
母の重病発覚→入院と言う、過渡期にも関わらず「笑顔」と「日々を送る力」を分けてくれるクーベルに本当に感謝です。
思った以上に早く我が家にクーベルが来てくれたのも、運命としか思えない。(予定では春頃と思っていた)
その運命ごと感謝です。

黒い弾丸
2005/02/11

混合予防接種なんて、素無視してお外を走り回っていたクーベル。
ペットショップのオーナーに見つかって
「予防接種が1回も終わっていないのに、外を歩かしてはダメですよ!」
と怒られたのは、12月下旬。

晴れて2回とも終わった今となっては、どうでも良い話です。
てか、今までの犬(私が聞いて知っているのを含めると4,5匹)は一度も予防接種していない子もいるし、しないでも外で元気に迷子になっていた子もいましたよ。
でも皆、14歳前後は元気に生き抜いていました。
別にヘッチャラですよ。在来種は…なんて、こんなトコでネチネチ小言を言っても仕方ありません。

そんな訳で、今日も元気に外で走り回っては、飼い主をヘトヘトにさせています。
その走る姿はさながら、「黒い弾丸」です。
ちょっと、写真には納まりそうには無いので、私のつたない記憶と、強烈な印象をショボいイラストに纏めてみました。

黒い弾丸、走る!


もう、走る出す時は、競泳の選手が飛び込みスタートするように、ガッツリと飛び出していきます。
はっきり言って、トウもたった大人(普段運動不足)の私たちは追いつけもしません。
「待ってくれー!」
と小さな黒柴に振り回されている大人がいたら、それは私の家族か、私かも知れません。
生暖かく見守ってくださいませ~。

携帯は便利です
2005/02/10

昨夜、素敵なクーベル写真を携帯でパシャパシャ★
続いて携帯に保存。

そして今日。
母のお見舞いを午前中に済ませるべく、自転車で行って参りました。
着いた途端母は点滴針挿入を失敗されていました。
あの痛みは、激痛なんだけど鈍痛。
ギャーっと叫ぶほどじゃないけど、我慢もしたくない痛みを良く知っているので、よしよしと撫でてみました。
お慰めのついでに、携帯電話(勿論オフライン)を取り出し、昨夜の素敵なクーベル花花花スライドショーを実施しました。
画面が小さくてゴメンネ、まみー。


区切り

ど・アップ
クーベルを真正面から激写!

強い子
見るからに、強そうです。
ヤリも歯で噛み砕けそうです。


イチオシ
私の会心の一枚。
父に「記念撮影のようだね」と嫌味も言われる


区切り



辛そうだった母の表情も一気に和んでくれました。
口の端が笑みの形になると、私も嬉しいです。
本当はもっとたくさんのクーベルを撮りたいけど、携帯ってクーベルの激しい動きには全く歯が立たないので、困ります。
普通のデジカメも、シャッター押してディスプレイで確認したら、尻尾しか写っていなかった。なんてしょっちゅうあります。

スピードシャッターの切れるデジカメが欲しいなぁ~と、ちょっとだけ欲望が生まれる瞬間ですが、現実を思い出しては欲望がしぼんでしまう、今日この頃…

携帯電話とクーと私
2005/02/08

最近の私は、口を開けば
「大きくなったねぇ~、クーベル」
を繰り返して、家族から「親ばか重症」を言い渡されています。
だって、涙が出ちゃう。
本当に大きくなってるんだもん…

------



例えば、携帯電話を目ざとく見つけたクーベルが、ちょいなちょいなと前足で器用に突付いている瞬間に、成長を確認させてくれます。


2004年12月18日撮影
これ↑は、2004年12月18日に撮影した
クーベルと私の携帯です。

それが、今では
携帯見っけた
小悪魔、おもちゃを見つける
遊んじゃえーっ
これは、遊ばなくては!
と、ちょいなちょいなが始まる。
やめて…たら~り



とまぁ。こんな具合で、どすこい成長を見せています。

------



飼い犬は飼い主に似る。

昔からよく言われていますが、最近その言葉が痛い。
私は母譲りの、寝相悪い性質なのですが、しっかりクーベルにもうつっているようなのです。
寝言が五月蝿いのもそっくり。。
「キュッキュッ」と鳴くくらいなら、前の赤柴も時折寝言言ってましたが、2日に一度は目撃しています。
あまつさえ、「オウオウッ」と重低音で鳴いたり、「ガルルルルル!」と巻き舌しながら、唸っている時もあります。
一体どんな夢を見ているんだぃ??

そんな彼女の変な寝癖を激写しました。


変な寝相…
背中からニョッキリ出ている、この足は一体?

珍しく人に抱かれて…
最近はあまり抱かれて眠る事がなくなってきたので、
珍しいかもしれないショット。


鬱憤を晴らすなYO
2005/02/07

実は我が家。
大黒柱の母が大病を患い、闘病生活のため入院しています。
代わって家事の3分の2をこなしているのが、弟です。
私は仕事があり、弟が幸い仕事に就いていないから…と開き直っている場合じゃありませんよ、旦那!

溜まった鬱憤をクーベルをイチビル事で晴らしていたので、スクープ写真を撮りました。


クンクン。なんじゃソレ?
くんくん。
何だい?それは。面白いのかい?


中はぬくいの?
中はぬくそうだね。どれどれ

遠慮なく、どーぞ!
そんなに入りたいなら、ホ~レ!

スッポリこん
スッポリ入れられてモガく、クーベル
あんまりしつこいのは、感心せんよ、弟よ。



でも、全然平気。なクーベル。
これくらいでヘコたれては、柴犬の名がすたる!ってなもんですよ。
タフなのが柴犬の特徴だしね。
そうは言っても、やり過ぎは禁物。だって、相手はなんてったって子犬なんだからね。




暴れたりませ~ん
ほらね。
後にタオルがくちゃっと置いてあるけど、
あれ、クーベルが振り回してボロボロになった敷きタオルなのですよ…



Tシャツに包まれた!
何すんねんっ!
いてまうぞ。コラァ!
ってな感じで、Tシャツに包まれて怒りまくりのクーベル


キェ~ッ何すんのさ~
スッポリさ。
前が見えないよ…ヨロヨロ


こけた。
こけちまったじゃないのさ。
どうしてくれるんだよ。


覚えておれ…
なんとかTシャツ地獄脱出。
リベンジが怖い今日この頃でした。



…とまぁ。やりたい放題で、顰蹙です。
母にもデジカメを持って、お見舞いに行きました。
リプレイで見せたら、眉をひそめていたよ。当たり前だよ。
コッテリと叱っておきましたので、これ以上の非難はご遠慮いただけますか?

健康にスクスク…
2005/02/05

大きくなったな、クーベルのやつ…。


2004年12月14日
2004年12月22日
2004年12月中旬時

それが
前の首輪と共に
1月上旬までしてた首輪がおもちゃみたいに
小さく見えます。

ドテ~ン
毛繕い
こんなになるんだもんなぁ…


------



ところで。
私はネットショッピングは楽天を利用しています。
アフィリエイトも邪魔にならない程度を心がけつつ、別雑記にて利用させてもらっています。
大して、ポイントが加算されないのは、ビジターが少ないのもあるし、掲載アフィリエイトの数自体少ないからかも知れません。

そんな少ないポイントも、何だかんだで700ポイント溜まったので、100円+運賃で買える商品を検索すると、あった。
そして、ようやく昨日届いたのが下の商品です。


カルシウムだよ~


ご褒美のときに、ちょっとずつ割ってあげています。
珍しいもの大好きなクーベルは、貪るように齧ってボロボロにしています。
うふふ…。
原材料に、牛脊髄って書いてあるけど、大丈夫でしょうね…?
例の病気を忘れていないのですが…。
でももうあげちゃったもんね。。。
ちょっとずつなら、きっと大丈夫、と念じながら。
(やめたほうがいいかな。。。)

予防接種の中の嵐
2005/02/04

今日は2回目の予防接種。
ちょっとだけ早く起きて(いつもは午後近くまで寝ているグータラです)獣医さんへ直行しました。

道中危ない場所は抱っこして歩いていましたら、向こうから来る方が、一瞬驚いた顔をして立ち止まり、ひと言。
「ああビックリした。猫かと思った」
と大きな声でつぶやかれました。
マジデスカ?ショックです。
…でも確かにパッと見ぃは黒猫に見えなくも無いか…切ないです。

さて、計測です。
体重4.8kg。スクスク大きくなっています。
が、獣医さん。気になることを口走られました。

「この子、3ヶ月目の割に、体躯がガッチリしているし、足も大きいね。この子は大きくなるよ」と。

……え?どれくらい?
「10kgにはなるねぇ」
おっどろき!ぎょえっ?!ガガ~ン!!マジですか?
抱っこしにくくなるの?
「体を鍛えて、耐えられるようになりなさい」

素晴らしい助言ですわ、先生。。。
前の子は8kgで、ちょっと大変だな~とボヤきながら抱っこし続けたのですが、今度のクーベルはもうちょっと大変かも。
ふぅ~。愛が重い…。

で、採血の時間に。
クーベル猛抵抗しました。暴れました。苦労しました。
私と助手の方二人で押さえつけ、私はクーベルにヘッドバッドを顎に食らいながらの作業となりました。
顎、くだけてない?わたし。

そして、首の後ろに予防接種をブチュ★
今度は怖がらない。
どうやら、その様子が見えないと怯えないらしい。
終わると、一目散に私の胸に飛び込み、顔を脇の間に埋め込んでしまいました。
その間、消毒脱脂綿をギュッと押さえていたのですが、内心穏やかじゃない。
あまりのかわいさに、思わず飛び跳ねてスリスリバンバン!!したくなって、かなり重症患者なようです、私は。

獣医さんもちょっと苦笑し
「柴犬はほぼ、強気の臆病者なキャラクターが多いですね。用心深い証拠なので、悪いことじゃありませんよ」ニコニコ
そうなのだ。
前の赤柴も強気の臆病者だったのだ。
内弁慶、外怯えみたいなぶちゅv



帰宅後暫く放置していたら、なんだか、クーベルの前足が赤い。
驚いてよくよく見たら、どこから発掘してきたのか、赤い絵の具チューブを齧りまくって原型を無くしていた。仕事の時間を気にしつつ、念入りにぬるま湯を湿らせたタオルでゴシゴシ。
一応目立たないようにして、出勤してきたのですが。
アンニャロめプンスカプンスカ。。
 | HOME | 

カレンダー

義援金関連情報

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサードリンク

pictlayer

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。